13

ユダは13番目の使徒であり、

占星術は12までしかない。

 

力学内でうまくたちまわるために

なにかをすることは、結局、

ユダにはなれないということなのだ。

 

13番目になるということは、

12番目までの結界によるうまみ

というものを失う覚悟があるからこその立ち位置なのだ。

 

そのなかで君臨しながらも、ユダである

ということはありえない。

 

ダークヒーロー的存在が

モナリザの男バージョンのように

時に美しく崇高に見えることがあるが、

それは何かしら、12という力学の閉塞性から

ひとつ突き抜けた真摯さがあるからであって

 

そこを突き抜けない間の小賢しさというのは

リーマン的な垢抜けないアイヒマン

というところから抜けられはしない。

 

それは、何かを誰かを磔にすることで

自分がいい思いをする、という生き方のカッコ悪さ

ということでもある。本質はそういうこと。

 

・・・・

そういうことが大嫌いで今まで生きてきた。

 

だから、何かを誰かを磔にせず、

もちろん自分も、、

それでもしっかりと、自分の人生を生きていくために

いろいろ見つめ直したい。

 

当分ブログから離脱しまーす