相対的(3)

で、わたしが一番かっこわるいと思うのは

「悪いのはかっこいい」的世界観だと、思う。。

いわゆるヤンキー的な。

 

なぜかっこわるいかというと、

それは、相対的にとらえたときに、

ある価値観からすればそれはめちゃくちゃ

「おりこうさん」であるからである。

 

死ぬほど反抗してそうは思われたくないであろう

「おりこうさん」と、質的に何も変わらないのが

わるいのはかっこいい、的世界観だと、思う。

 

真に、悪というものを、

必要悪として、ガチでそれを体現している人は

そういう幼稚な意識でやっちゃいないのである。