ほふる(2)

内的ストーリーをほふることで 手に入る能力がある。 その構造は日常にもミクロレベルで 沢山ある。 学校で私たちが叩き込まれたのは 内的ストーリーの屠り方だ 会社は学校の延長だ だがそのやり方の苦労や責任は 本質的な意味で 世界を蝕む

ほふる

なにかを引き換えに安寧を手に入れる このことによる平穏は 一生何かを引き換えにし続けねばならないということ それが条件だ。 そのことの安寧と苦しみを 半分は理解して 半分はまだどこか舐めている貴方は そのまま爆走することだ 頑張れ と心から応援する…

1を聴いて、数えられない世界を想う

いつもいつも、ある世界に足を踏み入れると すぐに飲まれてしまって 「あれなんでわたしここにいるんだろう」と呆然としてしまう。 今回も、「1を聴いて、数えられない世界を想う」 ために、社会的な接点として今の環境を選んだことを もう忘れかけている。…

身体を病む、精神を病む、、(5)

免疫革命 (講談社+α文庫) 作者: 安保徹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/10/21 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 権威ある人が、もしもわたしが今ここで戯言エンタメとして書いているようなことを 発信するとどうな…

身体を病む、精神を病む(4)

派遣会社から、昨今、いろいろなアンケートとか、 精神を病んでないかチェックしますみたいなのとか、 法律が厳しくなった故いろいろ五月蝿い。 この感じはまさに 「死にたくても死ねない」 「病みたくても病めない」 「落ち込んでじっとしていたいのにさせ…

身体を病む、精神を病む、、(3)

そう、さっきちらっと書いた 効力の拮抗、になる関係性、 たしか、とある精神薬と、抗がん剤の関係性だった。 ある精神薬は、抗がん剤の作用を無効にするということだそうだ。 それはおそらく、 正常なストーリー構築をうながす効果がある故に、 悪玉も善玉…

身体を病む、精神を病む、、(2)

そう、 わたしが真の意味でやさしく自他に対して生きるとき キネシス的な価値観ではけっして やさしくはない。 その自分の冷徹さを引き受けることがどこかで ずっと怖いと思っていたが それは優しさではなく偽善だったんだな そんなことを思う。 冷徹な人は…